退治をする時に知りたい蜂の習性と駆除の仕方

Extermination

その対策で大丈夫?安心安全に蜂を退治する方法をお教えします

退治をする時に知りたい蜂の習性と駆除の仕方

蜂

種類によって攻撃的な蜂がいる

巣の存在に気づかず、横を通った場合蜂は自分たちの巣を守ろうと闘う姿勢を見せます。また、人間が手を出した時も同様に、激しい闘いが繰り広げられるでしょう。特にあしなが蜂は庭や民家の壁など人間の生活圏に巣を作る傾向にあるので、気づかないことの方が圧倒的に多いのです。事実、庭の手入れをしている最中に刺されたという被害報告もされているので、蜂退治をただちに行なうべきです。またスズメバチの場合は、相手を威嚇する警戒範囲というものが存在し、この範囲に入ると攻撃をしてきます。スズメバチに全身を刺されて亡くなる事故が発生しているので、あしなが蜂同様、退治が必要です。

蜂を寄せ付けない服装

よく黒の服は、蜂を刺激すると言われていますよね。正解か不正解か微妙なところですが、結論でいうと黒を見て怒ったのではなく、攻撃態勢に入った時たまたま目に飛び込んできたのが黒い服だっただけの話です。マーキングされれば、黒とか白とか関係ありません。刺されると命に関わる蜂なんかは、敵とみなした相手に毒液を噴射するという行動も見られるので、蜂を怒らせないために習性について学ぶことが重要です。

臭いに反応する?

蜂退治をする上で作業員が最も注意しているのが、臭いです。人間から放たれる香水やシャンプーの匂いに刺激を受けて、それが攻撃をより加速させることもわかっています。蜂の退治に取り掛かる作業員も、なるべく蜂を刺激させないよう気を付けるので、大きな被害もなく駆除できるのです。

蜂駆除はやっぱり業者に依頼した方が無難

蜂の習性をある程度理解しているなら、自分たちで蜂退治をしてもいいでしょう。しかし、蜂はとても賢い昆虫なので我々が思っていたのと全く違う行動に出るケースもあります。蜂退治を何十年も続けている老舗の業者に託した方が、安全といえます。

駆除中は近寄らない

興味本位で退治中の現場に入りたい衝動にかられますが、刺激されている間は攻撃性はより一層増すので刺される危険があります。業者が闘っている間は遠くから見守る程度にしましょう。

広告募集中